今でも人気が高い料理

江戸の三大名物とは何なのか

蕎麦や天ぷら、そしてウナギは江戸の三大名物と呼ばれています。
江戸時代にそれらの料理がブームになったので、今でも人気が高いですね。
そのどれもが、宅配食で多くの庶民に好まれていました。
特に、白米の上に天ぷらやウナギを載せた丼物は、ボリュームがあっておいしいので働く人に好まれていました。

今だとウナギは滅多に食べられない高級品ですが、江戸時代はたくさん生存していたので、庶民でも食べられるぐらいの価格で販売されていました。
ウナギが高級品だと言われるようになったのは、ごく最近です。
昔は料理を作るのも大変だったので、時には簡単に済ませたいと思う時があったでしょう。
そんな時に活用されていたのが、宅配食になります。

お弁当の宅配が生まれる

歌舞伎は日本の文化ですが、誕生したのは江戸時代頃と言われています。
そして幕間の時に食べるお弁当が生まれました。
俗にいう、幕の内弁当になります。
花見の文化も広まり、お弁当を持ってどこかへ出かける人も増えました。
ですから、お弁当の宅配を行うお店も続出します。

現代でも、様々なお弁当を届けてくれるお店はたくさんあります。
こんなに昔から同じような文化があったとは、驚きですね。
お弁当を持って外出することは、当時の庶民にとって特別なイベントでした。
庶民の楽しみをもっと大きくするために、おいしいお弁当を届けてくれるお店が必須だったと言われます。
またお弁当を購入する際は、豪勢なものを奮発して選択する人も多く見られました。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る