詳しい歴史を把握しよう

当時から人気があったもの

うどんや蕎麦は、今でも人気が高い和食になります。
実はそれらは、江戸時代から宅配食として登場していました。
仕事で忙しい人がすばやく食べられるように考えて、作られたと言われています。
うどんや蕎麦ならすばやく作れるので、最も宅配食に向いていますね、

当時の宅配食は、主に庶民が食べるものでした。
そのため、価格も安くみんなが利用しやすい面が人気の理由です。
早くて安い、しかもおいしい料理が食べられるということで、うどんや蕎麦の宅配食はすぐ広まっていきました。
最初はうどんや蕎麦といった種類しかありませんでしたが、次第にバリエーションが増えます。
しかし当時は現代のように洋食や中華の文化はなく、和食しかありませんでした。

寿司は庶民が食べるもの

寿司と聞くと、高級な料理だとイメージする人が多いと思います。
今はそのように考えられていますが、宅配食がメジャーになり始めた江戸時代は、寿司は庶民が食べるものでした。
うどんや蕎麦と同じように、手軽に食べられる料理として人気が出ていました。
しかし江戸時代の寿司は、見た目が現代の寿司と少々変わります。
江戸時代の寿司は現代よりもサイズが大きく、おにぎりぐらいの大きさでした。

ですからそれだけでも、お腹いっぱいになることができます。
江戸時代は肉よりも魚が食べられていたので、魚の煮物を宅配食をとして販売するお店も見られました。
調理してからお客さんに持って行くことで、食材が腐ることを回避できるメリットもありました。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る