江戸時代から登場している

歴史を遡ると、江戸時代まで行きます。
その頃から、宅配食の文化が存在していたと言われます。
しかし今のようにたくさんの種類があったわけではなく、うどんや蕎麦といったものが一般的でした。
安くて早く食べられるので、人気があったようです。
それから、寿司も宅配食として販売されるようになりました。
今では寿司と言えば高級料理ですが、江戸時代は庶民がすばやく食事を済ませるための料理でした。

さらに時代が進むと、天ぷらも宅配食として人気になりました。
そこで蕎麦や天ぷら、さらにウナギが江戸の三大名物として有名になったわけです。
歌舞伎が流行ると、その時に食べる幕の内弁当に注目が集まります。
お弁当の宅配が、この頃に生まれました。
歌舞伎だけでなく、お花見をする文化も当時からありました。
そこで、お花見用のお弁当も販売されていたと言われています。
意外と宅配の文化は、昔からあったようですね。

そして時代がどんどん進み、1970年代に入ります。
ファミリーレストランが増えたり、さらに様々なお店で宅配食を販売するようになりました。
仕事をする人も増えたので、宅配食があれば手軽においしい料理を食べられますね。
さらに、ケータリングという宅配食も登場しました。
ケータリングとは、シェフが来てその場で調理してくれることを指します。
常に出来立ての料理を食べられるので、パーティーなどで使われることが多いです。
みんなで集まる時に、活用してみましょう。

詳しい歴史を把握しよう

昔から、宅配食という文化はあったようです。 江戸時代は、うどんや蕎麦の出前が人気でした。 その理由はすばやく食べられますし、価格も安かったからです。 特に働いている人が、急いで昼食を済ませるために宅配食を利用していたと言われます。 今でも、うどんや蕎麦の宅配食は人気ですね。

今でも人気が高い料理

天ぷらやウナギが流行り出したのも、江戸時代です。 これらはお店に行って食べるより、宅配で食べる方がメジャーでした。 また、お弁当もこの頃から登場しています。 歌舞伎や花見など、庶民の楽しめるものが増えたことが、お弁当のブームになった要因でしょう。

様々な宅配食が登場している

1970年になると、ファミリーレストランや宅配食のブームが到来します。 その頃は和食だけでなく、洋食や中華などたくさんの種類が誕生しました。 さらに現代でも、宅配食は進化を遂げています。 お弁当ではなく、シェフが来てその場で料理を作ってくれるタイプも人気が出ています。

▲ページTOPへ戻る